歯が痛い・しみる

「歯が痛い」「歯がしみる」などの症状は、重要なサイン

歯が痛い

「歯が痛い」場合は、まずは医院にて歯の状態を総合的にチェックすることが必要です。虫歯の場合、レントゲンで診ればすぐにわかります。そして、激痛の場合、歯髄炎を起こしている場合があります。

歯周病の問題や、歯並びが悪いことでいつも圧迫されている歯が痛んでいる場合も考えられます。「痛い」「しみる」という感覚は、体の何らかの異常を示すサインですから、できるだけ早めに「歯と歯ぐきの総合検査」をお受けください。

はしもと歯科・矯正歯科では、「できるだけ目で見て」納得して頂いて治療を受けていただきたいので、レントゲンはもちろん、カメラ撮影、歯周病菌検査、虫歯菌検査、などの総合検査を行っています。

「歯が痛い」場合も、まずは総合検査を受けて頂いて、現在の状態を正確に把握しましょう。

「歯がしみる」場合に疑われること

歯がしみる

まず、虫歯の場合が考えられます。虫歯が進行して、歯の神経に影響を及ぼしている可能性があります。

虫歯でない場合は「知覚過敏」という状態が考えられます。歯は、一番外側にあるエナメル質があり、その内側に象牙質があるのですが、何らかの理由で、象牙質が出てしまい(露出)、冷たいものや甘いものなどの刺激を受けた場合、痛みが発生します。
歯ブラシの仕方が悪くてエナメル質が削れてしまって発生する場合もありますし、歯周病が進んで歯ぐきが後退していて歯の根元で知覚過敏を発生させ「歯がしみる」状態になっている可能性もあります。

歯のクリーニングの後も、「歯がしみる」場合があります。歯石を除去することで、腫れていた歯ぐきの腫れが止まり、歯ぐきが引き締まって、腫れていたときよりはぐきの位置が下がるような場合、「歯がしみる」場合があります。


はしもと歯科・矯正歯科

地図

〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-20-2

06-7500-5454

院長写真

こんにちは!ホームページへご訪問ありがとうございます。
ここを見ていただいた方々は、おそらく「お口の中のことで気になること不安のある方」、「はしもと歯科・矯正歯科ってどんなところ?」、「院長やスタッフはどんな人?」、など様々な疑問を抱えておられることだと思います。はしもと歯科・矯正歯科では、知らないから「不安」に思うことを、知って頂いて「安心」へ変えていくよう取り組んでおります。
今までの歯科で日頃聞きにくかったことも遠慮なくお聞かせください。当医院は患者様ひとりひとりと真摯に向き合う医院です。歯を通して皆様の人生をサポートします!